特集「わかめやこんぶはミネラルたっぷりの海の恵み」

ミネラルとビタミンが“ギュッ”
体質改善にもよいアルカリ性食品

 昔から、日本の食卓に欠かせないわかめとこんぶですが、近年はその健康効果が注目されています。わかめは「若布」「若芽」「若女」などとも呼ばれ、若さを保つ食品として珍重されてきました。海藻の中でも最も多くのカルシウムを含み、新陳代謝を活発化し、鉄・ヨウ素・マンガン・亜鉛・カルシウム・カリウムなどのミネラルやビタミンA、C、B群などの栄養素がたっぷり。体質改善にぴったりのアルカリ性食品としても知られています。みそ汁の具をはじめ、サラダや煮ものなどに入れても美味しいわかめとこんぶ。毎日の食卓に積極的に取り入れましょう。

食物繊維のぬめぬめパワーで
腸スッキリ、ダイエットにも◎

 わかめとこんぶの特徴でもある、あの「ぬめり」は食物繊維です。その中でも特に多いのがアルギン酸という水溶性の食物繊維で、食物中の塩分と結びついて塩分を体外に排出する働きをします。そのため体内のナトリウム量が減り、血圧の上昇を抑えることになります。さらに血液中のコレステロールを減らす働きや、腸内細菌のバランスを整える働きもあります。

 セルロースという水に溶けずに消化もされない食物繊維も豊富に含まれており、こちらは腸に入ると水を含んでふくらみ、便の量を増やして柔らかくします。さらに腸の壁を刺激して腸のぜん動運動を活発にするため、便が腸の中に長くとどまることを防ぎます。

 また、セルロースは水を含んでふくらむためカロリーが少ないうえに満腹感が得られ、肥満防止やダイエットにも効果的といわれます(効果には個人差があります)。


海底で生育する天然のわかめ

天然とは、自然に種(わかめの場合は胞子)が海(海底の岩など)に根付いて生育するものです。それに対して養殖は採苗、保苗を人手によって行い、生育は海に委ねます。ふりそそぐ太陽光線や、半島に群生する森林からのミネラルと海のミネラル、外洋ゆえの激しい荒波の環境は天然も養殖も同じです。養殖は、生育に最適な自然環境と品質の劣化や育成不良をなくすための栽培技術が重要となり、特別な施設で育てたり、薬品、肥料などによる成長促進は行うことはありません。重茂産のわかめは、天然も養殖も三陸のゆたかな海の力だけで育まれています。

おすすめレシピはこちらWEB産直市場で購入できます

ページの先頭に戻る