重茂漁協の歩み

  • 漁協のあけぼの
  • 昭和20年代
  • 昭和30年代
  • 昭和40年代
  • 昭和50年代
  • 昭和60年代
  • 平成の重茂漁協

昭和30年代 漁場も漁家も基礎固めに奔走

 変わり行く日本列島の中に合って、我が重茂漁協は近代的な協同組合としての組織が整いつつあり、さらに経営基盤の確立に奔走した。
 共販体制の一層の確率を図るため、それまで潜在的に行われていたわかめ、こんぶの闇売りの一掃を期して、製品改善と共同販売がいかに有利であるかを金目で示すことに努力、組合員の理解により解決をみることができた。
 製品改善では、品質の区分を明確化し、商社業界のニーズに応えられる包装の改良に取り組み、角梱包を実施して成果を上げることができた。
 この年代は比較的に気候に恵まれた年が続き、天然資源も軒並み良質に成育、37年、こんぶとあわびが空前の大豊漁になったことは、今でも語り草になっている。
 この頃から天然資源といえども無尽蔵、無限のものでないと問題提起されるようになり、対策として音部、元村の消防団の人たちが中心となり、小型のブロックを自分たちでつくって浅海に投入、増繁殖のための環境づくりを開始した。漁協においても単独事業として自然にこんぶ、わかめが繁茂するか、さらに、これにえさを求めてあわび、うにが着棲するかを研究、実験の結果は予想以上の成果があったと報告されている。


干鮑作り


干鮑作りの合間の一服


昭和30年代の音部浜

ページの先頭に戻る