ブックタイトル極上品質 美味しい、重茂

ページ
30/32

このページは 極上品質 美味しい、重茂 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

極上品質 美味しい、重茂

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

極上品質 美味しい、重茂

重茂漁業協同組合のあらましさけますふ化場こんぶ種苗生産施設あわび種苗生産施設わかめ・こんぶ塩蔵処理施設重茂漁業協同組合は昭和24(1949)年7月23日に設立されました。戦後復興の重要な時期、新法に基づく近代漁協として「子孫に誇れる漁村を築こう」のスローガンのもと、漁村繁栄のためにさまざまな取り組みや事業を行ってきました。養殖事業への取り組みも昭和30年代から始まっています。当時既に天然資源は無尽蔵、無限のものではないという問題提起がされ始めていたため、まずは地域住民が自作の小型ブロックを浅海に投入、増繁殖のための環境づくりを開始しています。漁協においても単独事業としてこんぶ、わかめの繁茂とあわび、うにの着棲について研究。昭和39(1964)年には沿岸漁業構造改善事業を利用し加工場を建設、翌40年度からわかめ養殖業の本格的な取り組みを開始しました。昭和50年代には、生活クラブ生協をはじめとする各地の生協、また北海道の販売会社などとの提携がスタート、養殖わかめの売り上げは増大し、加工事業の経営も安定してきました。わかめ・こんぶ養殖業に、天然わかめ、こんぶ、アワビ、ウニ、そして秋サケを中心とした定置網漁および漁船漁業が、重茂の漁業のあらましです。かつては天然わかめやアワビ漁業は全国一を誇りましたが、資源の減少に歯止めはかかりませんでした。しかしわかめとこんぶの養殖漁業の導入により安定生産が可能となり、現在、天然アワビとともに養殖わかめの生産量は日本一となっています。わかめ・こんぶボイル加工処理施設わかめ芯取り加工場重茂漁業協同組合〒027-0111岩手県宮古市重茂第1地割37番地の1TEL0193-68-2211 FAX0193-68-2010http://www.jfomoe.or.jpわかめ・こんぶ保管用冷蔵庫根滝・舘ヶ崎統合漁場漁舎・及び倉庫海洋冷食工場〒027-0111岩手県宮古市重茂第7地割30番地TEL0193-68-2301 FAX0193-68-2206組織の概要(平成25年3月31日現在)組合員世帯数? 391戸組合員数の動向? 550名(正組合員501名・准組合員49名)組合員の平均年齢?平均年齢56.3才代表理事組合長伊藤隆一役職員数役員16名、職員25名理事12名(常勤組合長1名)、監事4名、婦人部(289名)、青年部(87名)与奈・平島・荒巻統合漁場漁舎与奈・平島・荒巻統合漁場倉庫事業の概要(平成25年3月31日現在)資本金漁船数購買取扱高販売取扱高加工事業取扱高自営定置事業取扱高1,202,320,532円630隻345,900,900円988,921,930円497,344,106円463,421,350円28